美浜3号で安全対策設備公開 地震、津波の新規制基準に対応

2020/11/10

中央制御盤をデジタル式に変えた美浜原発3号機の中央制御室(代表撮影)=美浜町丹生の関西電力美浜原発で

関西電力は九日、運転開始から四十年を超えての再稼働を目指す美浜原発3号機(美浜町)で九月に完成した安全対策設備を報道陣に公開した。津波防潮堤や事故時の対策本部となる緊急時対策所、要員が待機する免震事務棟などを設置し、東京電力福島第一原発事故後の新規制基準に対応したとしている。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する