宗派問わない「永代供養墓」 鯖江・法華寺

2020/11/11

宗派を問わず遺骨を供養している上島住職。納骨堂には一般(右)と檀家に分けて納められている=10日、鯖江市の法華寺で(蓮覚寺宏絵撮影)

「管理悩む人の役に」 建立2年で申し込み60件
鯖江市水落町二の法華寺が「永代供養墓」を建立し、家族に代わって遺骨を供養している。宗教や宗派、檀家(だんか)かどうかなどを問わず受け入れているのが特徴。建立から二年。この間、六十件近い申し込みがあるなど、墓の維持管理に悩む人らの関心が高まっている。 (清兼千鶴)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する