児童が商品化へアイデア 高浜小、若狭ふじ果汁を試飲

2020/11/18

ブドウ果汁を試飲する児童=高浜町立高浜小で

高浜町立高浜小学校の六年生三十九人は、町内産ブドウ「若狭ふじ」の果汁を活用した商品の開発に取り組んでいる。果汁にはブドウ農家の落果した果実などを使用する。町民や町出身者ら有志でつくるまちづくり団体「高浜明日研究所」との共同プロジェクトで、卒業までの商品化を目指す。(鈴村隆一)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する