知っておきたい士業のこと。税理士の仕事って? samurai291.com

2020/11/27

世の中には専門家と呼ばれる職業がある。士業と呼ばれる職業もその一つだ。
士業と一括りにするには範囲が広く、今回はその中の「税理士」という職業に注目。その仕事内容を、越前市に事務所を構える『小木崇永税理士事務所』の小木崇永さんに聞いてみた。

税理士の仕事って?

私たちが暮らしていく中で、いろいろな税金の種類があるのはご存じの通り。身近なところでは、消費税や所得税、住民税、固定資産税…その他にもいろいろとありますが、税金を納める人、納める場所、納める方法はそれぞれに異なります。その上、税金の計算方法は複雑で、それに関連する法律もあります。そう考えると、一般の人がすべてを理解して書類を作成するのは難しく、大変で、時には面倒に思うこともあるかもしれません。そのような複雑で難しい税金のことを専門家として指南し、対応してくれるのが税理士です。

例えば、毎年2~3月頃によく耳にする「確定申告(正式名称は所得税及び復興特別所得税)」。確定申告とは、1年間の所得を自分で計算して申告、所得税を納めることを言います。それが必要な人は、自営業(個人事業主やフリーランス)を始め、不動産収入がある人などです。自分で計算して書類を作成するわけですが、そこで疑問や不明な点などがある場合、税理士に相談するのがスピーディかつ確実な解決法と言えます。最近では電子申告(e-Tax)も浸透してきて、相談者の代理送信も行っています。
また、会社経営にも、税金は深く関わっています。さまざまな税務処理や節税対策など、経営面での相談を受けたりアドバイスすることも税理士の重要な仕事の一つです。

この他、社会貢献の一環として、税に関する正しい知識と理解を深めるための小中学生対象の「租税教室」や、各地での「無料税務相談」なども行っているという。
つまり税理士は、税金に関する相談の受付、税務書類の作成や手続き、経営アドバイス、税教育・普及など、税金に関するすべてのことに精通した専門家なのだ。

オリジナルサイトで読む




SAMURAI291.com は、福井に密着した「士業」のポータルサイト。
離婚、相続、借金、交通事故をはじめ、確定申告、税務、コンサルティングまで、福井のサムライがあなたの「悩み」を解決してくれる「専門家」を紹介しています。



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#PR

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する