カーボロネロパキッ 福井で収穫

2020/12/01

寒さで葉の表面がちぢれ、収穫時期を迎えているカーボロネロ=福井市白方町で(山田陽撮影)

アブラナ科の冬の葉物野菜でイタリア原産の「カーボロネロ」が、福井市内で収穫のピークを迎えている。同市白方町の生産農家尾崎充弘(あつひろ)さん(42)は30日、ビニールハウスで270株ほどを収穫。出荷規格の長さ25センチになった葉を手で折り曲げ、パキッと小気味よい音を立てながら収穫を進めた。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する