【日々URALA誕生!私が日々大切にしていること】

仕事でも遊びでも大活躍の俺の相棒。俳優 山本浩司。

2019/06/19

“班長さん”のあだ名で役者仲間やファンに愛される、福井県出身の俳優、山本浩司さん。1999年に短編映画『どんてん生活』(山下敦弘監督)で役者デビューし、現在まで100本以上の映画に出演。5月に公開された『居眠り磐音』にも出演しています。映画・ドラマでみせる幅広い演技で、“名バイプレイヤー”と呼ばれる山本さんの「日々大切にしていること・モノ」とは?

映画・ドラマで大活躍中 。実は、あの月曜9時のドラマにも、あの朝の連続ドラマに出演していました!

「僕が大事にしているものは、仕事でも遊びでも大活躍の『MacBook Pro』です。まだ月賦が残っているのでとても大事。だから小さい娘の容赦ない扱いにヒヤヒヤです。パソコンは中学生から使ってますが、そんなに使いこなせるわけではない。でも、俺の相棒と是非呼びたい。そんな想いです。とか言いながら、できることなら毎年新しいモデルに買い換えれたらなぁ~とも思う山本浩司なのでした」

山本浩司(やまもとひろし)
1974年8月11日生まれ、福井県福井市出身。1999年 に短編映画『どんてん生活』デビュー。現在まで100本以上の映画に出演。近年の出演昨に映画『止められるか、俺たちを』(白石和彌監督)、ドラマ『夫のちんぽが入らない』(FOD/Netflixにて配信中)、ドラマ『フルーツ宅急便』などがあり、2019年冬には映画『“隠れビッチ”やってました。』(三木康一郎監督)が公開予定。 公式HP

#人物#インタビュー#特集#エンタメ

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する