疑似天窓が 心も照らす 福井大病院 実験で気分改善効果

2020/12/02

照明器具を使った疑似天窓で映し出された映像=永平寺町の福井大病院で(パナソニック提供)

福井大とパナソニック(大阪)は、病院の待合室などの閉鎖された空間でも、照明器具を使った疑似天窓が来院者らの気分を改善させる効果があるとする研究結果を発表した。研究に携わった同大学術研究院工学系部門の明石行生教授は「ネガティブな病院の印象を変えられる」と期待する。 (籔下千晶)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する