開業遅れ 半年短縮し1年 国交省 建設費は222億円圧縮

2020/12/10

二〇二三年春の開業が遅れ、建設費が増えるとの見通しが示されていた北陸新幹線金沢−敦賀間について、国土交通省は九日、有識者委員会の中間報告案を踏まえ、遅延幅を半年短縮し一年程度にできる見込みと明らかにした。建設費は工期短縮策の一部取りやめなどで二百二十二億円圧縮し、最終的に二千六百五十八億円膨らむとした。ともに天候や地質不良などのリスク要因が想定の範囲内に収まることが前提としている。(山本洋児)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する