原発使用済み核燃料一時保管、青森の中間貯蔵施設共用案浮上

2020/12/11

原発の使用済み核燃料の一時保管場所を巡り、大手電力各社が青森県むつ市の中間貯蔵施設を共同利用する案が浮上した。福井県から月内に中間貯蔵施設の候補地提示を求められていた関西電力にとっては、問題解決の糸口になる可能性もある一方、むつ市が共同利用に同意するかは不透明だ。 (今井智文)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する