大飯原発設置許可取り消し判決に「科学的根拠ない」 規制委

2020/12/17

40年超原発の再稼働などに反対の要望書を手渡す原告団のスミス共同代表(左から2人目)ら=県庁で

原子力規制委員会は十六日、地震対策の審査に不備があるとして関西電力大飯原発3、4号機の設置許可を取り消した大阪地裁判決を受け、審査は妥当だとする見解をまとめた。判決が指摘した地震規模の算出法については「科学的根拠を承知していない」などとしている。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する