伝統の日本酒に若い感性 大野・真名鶴酒造6代目 「大吟醸ルイ」開発 リンゴの香り、爽やかな酸味

2020/12/18

リンゴのような香りが強く、自分の名前を付けた日本酒「大吟醸ルイ」をアピールする泉さん=大野市の真名鶴酒造で

リンゴのようなフルーティーな香りがする日本酒「大吟醸ルイ」が、大野市の真名鶴酒造から発売され、注目を集めている。洋酒のようなラベルを採用し、爽やかな酸味で口当たりが良いのが特徴。開発した同社の泉瑠偉さん(26)は「日本酒に興味がある人に、飲み始めるきっかけの一本にしてほしい」と勧める。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する