感染防止へ 変わる初詣  県内神社 新型コロナ対策

2020/12/28

自動水栓に改修した手水舎で手を洗い、水の流れ具合などを確認する宮司=福井市の賀茂神社で

毎年多くの参拝客でにぎわう新年の初詣。新型コロナウイルス禍で、三が日に限らない「分散参拝」の呼び掛けが各地で広がっている。マスク着用や対人距離の確保など「密」を生まない対策も求められる中、県内の神社ではさまざまな感染防止策を講じている。(藤井雄次)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する