愛鳥家から寄贈の標本展示 福井市自然史博物館がハピリンで出張展

2021/01/12

愛鳥家から寄贈された貴重な鳥の羽根の標本も並ぶ=福井市のハピリンで

福井市自然史博物館の出張展示が、JR福井駅西口のハピリンで開かれている。満天の星や足羽山の地下に広がる笏谷石(しゃくだにいし)採掘坑の生物など豊かな福井の自然を紹介するとともに、オオクワガタやゲンゴロウなどおなじみの昆虫が県絶滅危惧種となるなど環境の変化にも迫る内容となっている。入場無料、十四日まで。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する