勝山市社協職員、買い物を支援 16日まで受け付け

2021/01/13

勝山市社会福祉協議会は十二日、大雪のため買い物に出られない世帯を支援しようと、新たな取り組みとして「災害ボランティアセンター生活応援隊」を立ち上げた。社協職員が代わりに買い物して届けるシステムで、日常生活を助ける。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する