敦賀のバイオマス発電所、輸入材から嶺南の間伐材へ一部切り替え

2021/01/15

燃料の原料の一部を嶺南産に切り替えたバイオマス発電所=敦賀市呉羽町で

敦賀市でバイオマス発電所一基を稼働する敦賀グリーンパワー(同市呉羽町)は、主燃料となる木質チップの一部を乾燥した輸入材から嶺南地域の間伐材に切り替えた。運転ノウハウの蓄積により、湿気を多く含む国産材の利用が可能になったため。発電出力は三万七千キロワット毎時で国内最大級。一般家庭約七万世帯の電力消費量に相当する。環境負荷が少なく安定供給が見込めるバイオマス発電への販路拡大で、地元の林業振興や山林整備に期待がかかる。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する