形状記憶マスクで眼鏡「くもらんざ」 福井の浴衣帯メーカー開発

2021/01/19

「くもらんざ」を顔に密着させ、形を整える小杉社長=福井県坂井市丸岡町で

浴衣帯の絹地でマスクを製造する小杉織物(福井県坂井市)が、眼鏡が曇りにくいマスク「くもらんざ」を考案した。きっかけは、女性下着用の形状記憶樹脂を見た小杉秀則社長(63)のひらめき。棒状の樹脂を内部に埋め込んだマスクを、自分の顔や鼻の形に合わせて密着させることで、吐く息が眼鏡にかかりにくい構造にした。 (渡部圭)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する