紙の神様宿る社『岡太神社・大瀧神社』のライトアップで感謝の想いをささげよう。【2/20~3/7】

2021/02/24

※終了しました。

越前市は大滝町、日本で唯一とされる紙の神様が祀られている神社『岡太神社・大瀧神社』。現在こちらで、新型コロナウイルス感染症のリスクと向き合う医療従事者への感謝の気持ちを込めた、ライトアップが行なわれています。

現在の『岡太神社・大瀧神社』は江戸時代に再建されたものですが、拝殿と本殿が一体化した複合社殿で、山の峰を集めたような、もしくはいくつかの波が寄せあったような珍しく、複雑な屋根の形をしています。また、建物全体に施されている獅子、龍、鳳凰、草花の細かな彫刻も華麗であることから1984年に国の重要文化財にも指定されました。

実際近くで見ると、その精密に彫られた彫刻と、全体の厳かな印象とのコントラストに圧倒されます。そして毎年5月頃には、この神社で「神と紙の祭り」が3日間かけて開催され、紙の産地である今立地区は大きな盛り上がりを見せます。

このような歴史ある神社で普段見ることのできないライトアップ。医療従事者への感謝の想いを胸に、艶やかな光に照らされる幻想的な雰囲気を感じてみませんか。

※現在は、一部に雪囲いあり

岡太神社・大瀧神社ライトアップ
【会場】岡太神社・大瀧神社(福井県越前市大滝町13-1)
【日程】2/20(土)~3/7(日)
【時間】18:00~22:00
【料金】無料
【駐車場】10台
【問い合わせ】0778-43-0330 平日9:00~17:00(石川製紙)



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#おでかけ#イベント#丹南

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する