やぐらで太鼓 小6笑顔 勝山左義長の練習成果披露

2021/03/08

練習を重ねてきた子どもばやしをやぐらで披露する6年生=勝山市立川町1で

勝山市の奇祭「勝山左義長まつり」が新型コロナウイルスの影響で神事とどんど焼きのみが行われ、晴れの舞台が失われた子どもたちに披露の場を設けようと、同市の立川町子供会育成会が七日、成果発表会を開いた。地区の子どもたちがやぐらで太鼓を打ち、存分に伝統の技を見せた。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する