コウノトリのペア、本格的抱卵と推定 越前市で営巣

2021/03/10

抱卵に入ったと推定される「たからくん」(右)と「みやび」=越前市安養寺町で(同市提供)

県と越前市は九日、同市安養寺町で営巣している国の特別天然記念物コウノトリの野外ペアが、本格的な抱卵に入ったと推定されると発表した。ペアは二〇一六(平成二十八)年に市内で放鳥された雄の「たからくん」と兵庫県豊岡市で生まれた雌の「みやび」で、同町内での産卵は三年連続。昨年に続くひなの巣立ちが期待されている。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する