「ユダヤ難民へのリンゴ」投影 敦賀 プロジェクションマッピング金ケ崎緑地で始まる

2021/04/02

リンゴを実らせた樹木を投影したプロジェクションマッピング=敦賀市の金ケ崎緑地で

敦賀市の金ケ崎緑地で一日夜、鉄道や港、市民がユダヤ人難民を受け入れた歴史などをモチーフにしたプロジェクションマッピングが始まり、広場の地面に鮮やかな光絵巻が映し出されている。上映は午後六時半〜九時。五月九日まで毎日、以降は金・土・日曜と祝日を中心に開催する。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する