外国人と県民 共生推進 県が初のプラン策定

2021/04/14

県は、県内在住の外国人と県民が異なる価値観を認め合えることを目的にした「県多文化共生推進プラン」を策定した。計画期間は二〇二一年度から五年間。関係団体などを結び付けた「ふくい多文化共生ネットワーク」の創設など、プラン実現に向けた新規事業も進めていく。 (尾嶋隆宏)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する