教科書で見る巨匠の傑作 県立美術館、岸田劉生や藤田嗣治ら67点

2021/04/26

来館者の注目を集める「毛糸肩掛せる麗子肖像」=福井市の県立美術館で

ウッドワン美術館(広島県廿日市市)が所蔵する名画を紹介する特別企画展「永遠のアイドル・麗子にあいたい! 教科書で見る巨匠たち」が、五月三十日まで福井市の県立美術館で開かれている。岸田劉生の「毛糸肩掛(かたかけ)せる麗子肖像」(一九二〇年)のほか、明治から現代までの日本の絵画史を彩る作品が並ぶ。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する