福井県の成り立ち知って 県立歴史博物館の伊藤さん 地図、古文書から読み解く

2021/05/13

「福井」の地名の由来となった「福の井」を紹介する伊藤さん=福井市の福井城趾で

福井県がどのように現在のような形や名前になったのか。それを地図や古文書から読み解こうと試みる人がいる。県立歴史博物館の学芸員・伊藤大生さん(27)。「今では福井県の形、名前は当たり前のものだが、昔は違った。成り立ちを知るとより愛着が湧くのでは」と話す。 (藤共生)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する