月刊ウララ6月号『What’s Hot?』より。今、気になる場所・ヒトの一部をお見せします!

2021/06/10


GOSHOEN
京よろず
杉谷昌保


時を経て“みんなの別邸”になる
小浜の拠点。


GOSHOEN

平屋しか作れなかった中、2階の建築が許された「護松園」。当時の趣を残しつつ、ヨーロッパの家具を取り入れることで異空の場所に。

「西津もん」と呼ばれる、漁業と商売の街があった。川を挟んだ向こう岸とはまったく違う文化が培われていた小浜市西津地区。廻船問屋として大いに栄えた『古河屋』は、別邸として小浜藩主を迎える屋敷も設えていた。「護松園(ごしょうえん)」は地域の誇りでありつつ、おいそれと近付くことができない雰囲気を持っていた。

松本啓典社長は4代目。文化を大事にした祖父と新しく開拓し続けた父の二つの道を両立させる

時代の流れと共に「護松園」は忘れられていったが、2020年日本遺産に県内の北前船寄港地・船主集落が指定されると、「護松園」は人々の記憶に戻ってきた。奇しくもこの地に構える若狭塗箸の老舗『マツ勘』は創業100周年を迎える年に。「小浜市で100年も商いをさせていただけた今、未来に向けて産業を、産地を守ろうと、地域と向き合い、地域の人・モノ・コトを醸成させていく役目を果たそう、と考えたのです」。代表取締役社長の松本啓典さんは地域の宝である「護松園」を、再生させていくことを決断する。




カフェやショップ、フリースペースにコワーキングスペース。誰もが立ち寄りやすく、この場所から小浜を知るきっかけに、来るきっかけに、住むきっかけにしていきたいと願っている。そう、ここは“みんなの別邸”としてこれから人々が集まる拠点となっていく。


GOSHOEN
【住所】福井県小浜市北塩屋17-4-1
【電話】0770-64-5403 
【HP】あり

次ページへ

一覧に戻る



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#人物#月刊ウララ

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する