JRから資産譲渡94億円 並行在来線 想定より132億円減

2021/06/09

北陸新幹線敦賀開業に伴ってJR西日本から地元の第三セクターに経営分離される並行在来線(現北陸線石川県境−敦賀間)について、鉄道資産と車両の譲渡額が五月現在で九十四億円と見込まれることが分かった。車両の新造を取りやめるなどし、県が当初に想定したよりも百三十二億円圧縮された。県は八月、JR西との基本合意を予定している。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する