再エネ100%電力証明  関電 嶺南でシステムづくり

2021/06/16

再エネ調整システムに加わる敦賀市の水素ステーション

出力調整 水素ステーション活用
特定の再生可能エネルギー発電所を選んで電力購入できるシステムづくりを、関西電力が嶺南地方で始めた。消費者はインターネット経由で発電方法や電力量などの情報を受け取り、再エネ100%使用や脱炭素を証明できるようになる。天候に左右されやすい再エネの出力調整には水素ステーションを活用し、全国でも珍しい取り組み。実証実験を経て二〇二二年度以降の事業化を目指す。原子力発電所が立地する地域での再エネ地産地消の先進例として注目される。 (高野正憲)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する