空き地など自生の植物「クズ」  皮膚細胞の老化抑制効果

2021/06/30

川沿いの空き地に茂るクズ=永平寺町の九頭竜川沿いで  

県立大の伊藤教授ら発見
空き地などに自生する植物のクズに含まれるイソフラボンの一種「プエラリン」に皮膚細胞の老化を抑制する効果があることを県立大の伊藤崇志教授(薬理学、食品機能学)らの研究チームが発見した。新たな健康食品の開発などにつながる可能性があるという。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する