【かずのすけの美容塾】

教えて! かずのすけ先生! 暑い夏も爽やかに過ごすための効果的な汗&ニオイ対策は?

2021/07/10

Q:暑い夏も爽やかに過ごすための効果的な汗&ニオイ対策は?

イラスト/サキザキ ナリ

汗やニオイ対策としてはいくつか方法があります。まず、お肌の強い方にオススメなのは、市販されている「制汗剤」を使用することです。制汗剤は医薬部外品で、汗やニオイを抑える効果が認められています。これは特殊な有効成分が汗の線の蓋として働いて汗をせき止める働きをするからです。有名な成分としては「焼ミョウバン」「クロルヒドロキシアルミニウム」などがあります。いずれの成分もとても制汗効果が高く、汗の量が多くて悩んでいる方は探してみると良いでしょう。

次に、ニオイ対策としては、汗を抑えるだけでもかなり効果的ですが、制汗剤にニオイの原因となる菌類を殺菌する「殺菌成分」を配合しているものもあります。「塩化ベンザルコニウム」や「イソプロピルメチルフェノール」という成分が主流です。先程の制汗成分のみの制汗剤よりもさらに消臭効果が強い製品になります。そこへさらに各社それぞれの独自成分を混ぜている感じですね。銀イオン成分や緑茶由来の成分など様々です。



また、制汗剤は一般的なスプレータイプのもの以外にもクリームタイプやロールオンタイプといったものもあります。一般に塗布量が多いものほど効果が強い傾向があり、スプレーよりもクリーム、クリームよりもロールオンの方が制汗効果が高いとされています。しかし注意したいのは、制汗剤はかなり皮膚への刺激が強い製品であるということです。制汗成分は汗腺のタンパク質と結合して不溶性物質を作り、物理的に汗をせき止めています。タンパク質に結合する反応や、せき止められた汗が原因でかゆみなどを生じる場合があります。さらに殺菌成分は元々菌を殺すほど微生物にダメージがある成分ですので、皮膚にも刺激になります。特に制汗力・消臭力が強まるほどにお肌への負担が増えると言い換えても良いでしょう。

もしお肌が弱くて制汗剤がうまく使えない場合は、「衣類に消臭剤を噴霧しておく」という方法があります。「イオン交換ポリマー」という特殊な消臭成分を配合した衣類用の消臭剤が市販されており(『衣類de消臭』等で調べましょう)、これを衣類の表面に噴霧しておくと衣類を通してニオイが消臭されるというものです。裏面につけてしまうと肌に合わない成分が含まれている場合もあるため、肌に触れない表面に噴霧するのがコツです。こうするとお肌に消臭成分が触れずに体臭の悩みを緩和できます。ぜひ試してみてください。

かずのすけ
美容化学者。横浜国立大学大学院修了。化学で美容を解説するブログが人気で月間500万PV、Twitterフォロワー14万人超。著書は『オトナ女子のための美肌図鑑』(ワニブックス)、最新刊『美肌成分事典』(主婦の友社)ほか9冊。坂井市丸岡町出身。本名:西 一総(かずさ)
Blog Twitter



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!




#美容#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する