越前市の『江戸屋』でモーニング!? 越前市を盛り上げるルーキーが登場!

2021/07/29

「ひっで丼」でおなじみのデカ盛りメニューが楽しめる『越前めん処 江戸屋』。福井県越前市の中央公園付近にあるこの食堂で猛暑を乗り切るスタミナモーニングがお目見えしたということで取材に伺いました。

高さ17cmを誇るデカ盛りグルメ「ひっで丼」1200円





この店は「ひっで丼」だけでなく「ギガ盛りソースカツ丼」などが並び、全国各地のフードファイターが訪れる場所。地元福井ならではのメニュー開発をするのが店主の栗塚さん。今回はどんなおもしろいメニューが待ち受けているのでしょうか?

■暑さを乗り切るモーニング

モーニングで食べられる「朝ボルガライス」700円。朝限定メニューは8:00~10:00(LO)の提供

以前に紹介したした『越前そばと珈琲 HAMA庵』さんの「越前ボルガ釜めし」に続き、今回もボルガライスの進化系が登場しました!朝限定のモーニングメニュー、その名も「朝ボルガライス」!江戸屋さんならではのボリューミーなビジュアルですが、ご心配なく。実は上にのっているのは、豆腐カツなんです!フワフワかつしっかりした弾力の木綿豆腐にサクサクの衣。その味わいは、お肉に間違うほどのコクがしっかりあるんです。そして優しい味わいの和風出汁をふわとろ玉子と酸味の効いたトマトソースのハーモニーが更にその旨味を引き立ててくれます。優しい旨味が胃に染み渡り、食欲のなくなる夏にこそ食べたい逸品です。

■新メニュー続々

栗塚さん自慢の九割蕎麦はつなぎには福井県産の「ふくこむぎ」を使用。「おろしそば」(冷)500円。朝限定メニューには「かけおろしそば」(温・冷)、「ソースカツ丼」、「玉子カツ丼」各500円

これだけじゃ終わらないのが、『江戸屋』。この「朝ボルガライス」と共に新メニューに加わったのが「朝おろしそば」。自家製粉したそば粉を使用した、この店の手打ちおろしそばは田舎風の太麺でそば。そば粉の引き立て、打ち立てならではの香り高さが特徴。コシがしっかりあり、食べ応え抜群。さっぱりした大根おろしも相まって食欲をそそります。





■心強い応援団に新メンバー登場

(左)「日本ボルガラー協会」・ボルガチョフこと波多野さん。(中)「江戸屋」店主・栗塚さん。(右)「そば王子」に就任した岡崎さん

越前市の三大グルメといえば、ボルガライス・たけふ駅前中華そば・越前そば。それぞれのグルメに「日本ボルガラー協会」や「温盛一杯中華Men’s」などがあり、今年の春には越前おろしそばを応援する「越前市おろしそば好上委員会」が立ち上がりました。栗塚さんは、「越前市おろそば好上委員会」の発足メンバーの一人。そんな新団体のアイコンとして福井県PRモデルとして活躍中の岡崎さんが「そば王子」として参戦! 心強い応援団が加わり、盛り上がりを見せる越前市グルメ。今後の動向も見逃せませんね!


越前めん処 江戸屋
【住所】福井県越前市高瀬2-6-15
【電話】0778-24-3248
【時間】8:00~10:00LO、11:00~17:30LO
【休日】月曜、第3日曜
【席数】25席
【駐車場】あり
【HP】なし
【SNS】Facebook Instagram


日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#グルメ#丹南#新メニュー

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する