【8/7・8】福井が舞台の映画『トンカカトン』 監督、主演による解説つき上映会開催決定!

2021/07/26

福井県の雄大な自然を舞台に創られた映画『トンカカトン』は、失いかけた人との繋がりを見つめ直す家族の物語だ。

元漁師というユニークな経歴を持つ小平哲兵監督の初長編作品で、『父の日』(2015)が新人監督映画祭短編部門・準グランプリほか多くの受賞を果たした小平監督の自分の原点とも言える福井の漁村で丹念に撮り上げた勝負作となっている。今回はプロデューサー、脚本、監督、主演による解説つきの上映会の開催が福井県で決定!

一方的な鑑賞ではなく、制作者側からの想いを聴きながら観るという、新しいカタチの上映会となっている。



映画『トンカカトン』の物語は、高校卒業後、叔父の竹中進仁と同じ造船所で働き始めた松浦信が主人公だ。ガサツで奔放な叔父に嫌気がさしていたある日、信は進仁の妻の病院への送迎を投げ出してしまう。口論となった信と進仁だったが、そこで進仁の余命があとわずかであることを知らされる。死後、何を残せるか模索する進仁は信に「一緒に暮らそう」と願い出る。自らの言動に後悔していた信は進仁の提案を受け入れ、不器用な甥と美器用な叔父の共同生活が始まるのだが……。

何気ない日常の中にある現実。切ってもきれない家族や人とのつながりに葛藤する若者たち。一方で年寄りたちが逃れようのない未来を受け入れようともがき苦しむ様も決して他人事ではない、いずれ直面するであろう私たちの未来の姿なのかもしれない。また、映画の中に登場する福井の風景は日常そのもので、まるで自分も映画の中にいるかのような感覚になるから面白い。

作品を通じて感じたことを創り手たちと共有できるまたとない機会。映画なのか、現実なのか、ちょっと不思議な感覚になる上映会にぜひ参加してみよう。



8/7(土)
【会場】越廼サテライトオフィス(福井県福井市居倉町43-25)
【時間】
●午前の部 10:30~13:00(開場10:00)
●午後の部 14:30~17:00(開場14:00)
【料金】900円

8/8(日)
【会場】クラフトブリッジ (福井県福井市中央3-5-12 2階)
【時間】
●午前の部 10:30~13:00(開場10:00)
●午後の部 14:30~17:00(開場14:00)
【料金】1000円(ワンドリンク付き。クラフトビールや福井ご当地サイダー「さわやか」などキャッシュオンで追加ドリンクも楽しめます)
※午後の部上映後に交流会開催(事前予約制、会費1500円)

●各回定員20名
●チケット販売は2会場とも当日受付にて販売。 事前予約も可(要メール)
●解説者はプロデューサー/脚本 羽石龍平、監督 小平哲兵、主演 村上和也(監督、主演はリモートでの登壇)

映画『トンカカトン』公式Facebook






日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#福井市内

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する