唐門のよう 姿現す福井駅 駅名標も取り付け開始

2021/08/06

足場が解体され姿を現した駅の外観=いずれも5日、福井市日之出1から写す(蓮覚寺宏絵撮影)

二〇二四年春に開業を予定している北陸新幹線金沢−敦賀間のうち、建築工事が進む福井駅で五日、駅名標の取り付け作業が始まった。周囲の足場が徐々に解体され、一乗谷朝倉氏遺跡の唐門をモチーフとした駅舎の全容が見えつつある。駅舎の完成予定は二二年夏ごろ。 (山本洋児)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する