パラ聖火、摩擦熱でついた 大野市民「まいぎり」で採火

2021/08/10

「まいぎり」を使ってパラリンピックの聖火の種火をおこす市民ら=大野市エキサイト広場で

東京パラリンピックの聖火の種火をおこす採火が九日、大野市エキサイト広場であった。参加した市民たちが、摩擦熱で火をおこす道具「まいぎり」を使った原始的な方法で採火した。

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する