『鮨・割烹 幸鮨』(越前市)

2021/08/12

金沢市出身の店主が地縁のない越前市で店を始めて40年が経つ『幸鮨』。

地域に愛されるようにとの願いを込めて、店の名前は幸町から一字とったそうだが、今では多くの常連から親しみを込めて「しあわせ鮨」と呼ばれている。店主である熱野さんとの会話を楽しみたくてカウンターに座るお客も多いというから、親しみやすい店だということがうかがい知れる。

一品料理は板前に任せ、熱野さんはツケ場で鮨に専念。シャリ炊きからすべて一人でこなすのが日常だ。



握るシャリは甘めで子どもにも食べやすい。「甘めにすると味が変化しにくくなるんです。まちの鮨屋は出前もあるので、時間が経っても美味しく食べてもらいたくて」。

ネタは獲れたての地物が中心だが、珍しい地魚があればなおよし。鮮度が良いから出せるネタや地元でしか出会えない味に驚き、喜ぶ客の表情を見ることが鮨職人としての喜びだ。そんなこだわりの上物ネタと旬の地物を取り合わせ、福井らしさと贅沢さの両方を味わえるのが「にぎり松」3600円。

ランチ営業もしており、揚げ物や小鉢がついたボリュームのある「にぎりランチ」1050円〜1400円も人気だ。

「人には恵まれた」と熱野さんが語ると、妻の信子さんが「だから今が一番幸せよね」と応える。「いい思い出にして欲しいですから」と話す店主夫妻の姿に「しあわせ鮨」と呼んで人に自慢したくなる理由が見えてくる。


鮨・割烹 幸鮨
【住所】福井県越前市幸町5-8
【電話】0778-22-2929
【時間】11:30〜13:30、17:00〜22:00(日により閉店時間変動あり)
【休日】月曜
【料金】予算(1人)昼1050円〜1400円、夜3000円〜







日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#ディナー#丹南

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する