高校総体ボート 4人スカル美方 こがずとも優勝けん引

2021/08/20

コックスへと転身してチームを支えた脇田選手(中)を担ぎ上げ、男子かじ付きクオドルプル優勝を喜ぶ美方の選手たち=19日、美浜町の久々子湖漕艇場で

脇田選手 「かじ役」に転身
美浜町の県立久々子湖漕艇場で十九日に行われた全国高校総体(インターハイ)のボート競技。最終種目となった男子かじ付きクオドルプル(四人スカル)決勝で美方が優勝すると、脇田蓮太郎選手(三年)が艇の上に立って両拳を握った。突発的に心臓が痛くなる疾患を発症し、艇のかじ役となるコックスに転身。くじけず、踏ん張った日々が報われた瞬間だった。=<1>面参照 (谷出知謙)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する