8/28開催ANG、陸上・桐生祥秀『9.98 スタジアム』で今シーズンラストレースに挑む。「記録を狙うレースになる」

2021/08/27

記者会見後、笑顔で撮影に応じる桐生祥秀選手(左から2人目)ら出場4選手

『9.98 スタジアム(福井県営陸上競技場)』で行われる「アスリート・ナイト・ゲームズ・イン・フクイ」(ANG)への出場を翌日に控えた8月27日、東京五輪400メートルリレー代表の桐生祥秀選手(日本生命)ら4選手が福井市内で記者会見を開き、桐生選手は「福井が今シーズンのラストレースとなる。今大会で10秒05を切って、来シーズンにつながる、いい走りをしたい」と意気込みを語った。28日は、男子100メートル(午後7時40分競技開始予定)に出場するほか、自身が設立した新競技「Sprint50」(午後2時半競技開始予定)で小学生との50メートル走、真剣勝負に臨む。


「有観客での大会に出場することができてうれしい。会場が盛り上がるようなレースをしたい」と語った桐生選手

「(2022世界選手権参加標準記録の)10秒05を切ることで、来シーズンもいい感じでスタートできると思う。今シーズンのベストは10秒12なので、タイムを狙うレースになると思う」。2017年に福井で開催されたインカレでは、日本人初となる9秒台を記録した桐生選手。自身のタイム(9秒98)がスタジアム名となった“思い出の地”で、この日も「毎回、超えなくてはいけない記録だと思っている」と、あらためて記録への思いを言葉にした。

また東京五輪について振り返り、「向かい風でも9秒9台、追い風であれば9秒8台を出さないと決勝ラインに立てない。久しぶりに海外選手と並んで体格の違いを感じたし、中盤から後半の動きも今の自分の動きでは遅いと感じた。これまでのトレーニングをゼロにして、いろんなことを変えていかないと勝負できないとあらためて感じた」と、語った。




これまでに開催した大会で好記録が続出している「9.98 スタジアム」

この日の記者会見には、東京五輪200メートル代表の山下潤選手(ANA)、福井県勢の壹岐いちこ選手(ユティック)、大久保有梨選手(ユティック)も出席。また今大会には国内トップクラスの選手が数多く出場、東京五輪代表では10選手が出場を予定している。有観客での開催となるが当日券の販売はない。YouTube(福井テレビ公式チャンネル)でのライブ配信を28日午後2時10分ごろから予定している。FBCラジオでも生中継する(午後6時〜午後8時、最大延長午後9時)。


ライブ配信はこちら


Athlete Night Games in FUKUI(アスリート・ナイト・ゲームズ・イン・フクイ)2021  ~ FUKUI 9.98CUP ~
【会場】9.98 スタジアム(福井県営陸上競技場)
【住所】福井県福井市福町3-20
【公式情報HP】あり
※当日券の販売はない






日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#スポーツ#イベント#エンタメ#福井市内

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する