【かずのすけの美容塾】

教えて! かずのすけ先生! 本当にオールインワンだけできちんとケアできるの?

2021/09/11

Q:本当にオールインワンだけできちんとケアできるの?

イラスト/サキザキ ナリ

かつては「オールイワン」というと『オールインワンジェル』というものがぱっと思い浮かんだものですが、最近ではオールインワンと言ってもさまざまな種類のものができていますね。よくあるのは「化粧水・乳液・美容液・クリームがこれ一本!」というものですが、おそらく多くの消費者の方はこのオールインワンについて少し誤解をしているのではないかと思います。

そもそも「オールインワン」にはどのような定義があるのでしょうか。どのような成分にしたらオールインワンを名乗れるのか?というと、実は明確な定義は存在しないのです。つまりメーカーが「オールインワン」と名付ければそれがオールインワンコスメになる、ということです。ほとんど水のような成分のものでも、美容液のように濃厚な成分のものでも、どんなものでもオールインワンを名乗る権利があります。



オールインワンコスメの大本である「オールインワンジェル」は、実は「化粧水」をベースにしたものです。化粧水の基本的な成分に、ジェル化剤と言われる成分を配合することでジェル状に固めることができます。ヒアルロン酸などもジェル化剤の一種ですが、コストや使用感などの関係で「カルボマー」や「キサンタンガム」「アクリレーツコポリマー」などの成分がよく使われています。これらの成分には水分をつなげて保持する働きがあるため、液体がジェル状に固まって、水分が蒸発しにくくなります。化粧水をジェル状にすることで、より高い保湿力を獲得することができます。

最近ではそこに油分を追加した乳液やクリームのようなオールインワンジェル(オールインワンクリーム)も多いです。化粧水・乳液・クリームがこれ1つで、と言っているものの多くはこのクリームタイプのものです。この場合は油分が追加されていることで、ノンオイルジェルタイプのものより保湿効果がさらに高まります。また、欲しい美容成分を全部配合している、という意味で「オールインワン」と名乗る基礎化粧品も最近は増えていますね。



ところで、よく聞かれる「オールインワンだけできちんとケアはできるのか?」という質問について、僕はどのタイプのオールインワンであってもスキンケアのやり方次第では足りないし、逆に十分足りることもあると思っています。スキンケアは基本的に化粧水→乳液→クリームと言う風に使うのが基本とされていますが、最近ではこれにとらわれないスキンケアの手順等もたくさん提案されており、必ずしもこれら全てを使わなければならないわけではありません。

また、洗顔やクレンジングなどを調節すれば、保湿がほとんど必要ない肌状態というものも保つことが可能になります。その場合は最低限の保湿で十分なので、オールインワンだけで十分な保湿ができます。ただし、しっかり洗ってお肌が過度に乾燥しているような状態の場合は、オールインワン1つでは物足りないと感じる人もいるでしょう。その時は、オールインワンだからと1つの製品で我慢せず、他のクリームや美容液なども足して使用してもいいです。お肌の調子を観察しながら、オールインワン化粧品をうまく使いこなしましょう。

かずのすけ
美容化学者。横浜国立大学大学院修了。化学で美容を解説するブログが人気で月間500万PV、Twitterフォロワー15万人超。著書は『オトナ女子のための美肌図鑑』(ワニブックス)、最新刊『美肌成分事典』(主婦の友社)ほか9冊。坂井市丸岡町出身。本名:西 一総(かずさ)
Blog Twitter



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!




#美容#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する