大型クラゲ12年ぶり大量出現 漁業関係者、定置網被害を警戒

2021/09/09

網にかかった大型クラゲ=福井市茱崎町沖で(越廼漁業協同組合提供)

県沿岸で八月から、大型クラゲ(エチゼンクラゲ)が大量出現している。過去には漁業に甚大な被害を及ぼしており、漁業者にとって大きな悩みの種。県内では二〇〇九(平成二十一)年以来、十二年ぶりの大量出現に、漁業関係者は警戒感を強めている。 (中場賢一、堂下佳鈴)

(中日新聞福井版)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する