月刊ウララ9月号『What’s Hot?』より。今、気になる場所・ヒトの一部をお見せします!

2021/09/14


時空を超えて~58年前の絵との対話~
All Abroad

半世紀前の絵が教えてくれる、
地域が大事にするもの。


時空を超えて
~58年前の絵との対話~

今回展示するのは中学生60名が描いた80枚の絵。この60名のうち、今も坂口地区に居を構えているのは3名。学校での行事やシンポジウムでも当時のことを話す機会があるという



それはあるSNS投稿からだった。鯖江市生まれである児童画研究の第一人者・故木水育男氏が所蔵していた児童画の中に、武生第二中学校坂口分校の生徒たちが描いた絵が出てきたのだ。

越前市坂口地区。高度経済成長期もバブル経済時も再開発の話などなく、ずっと変わらない暮らしが紡がれてきた。今、すべての生活様式が変わろうとして、環境を大事にする暮らしが見直されてきている中、いわばここは周回遅れのトップランナー。その地域で何が描かれていたのか、どんな思いが込められていたのか。地域を挙げて展示会を含め様々な催しを取り組むプロジェクトがスタートした




今から58年前のこの地域を描いた絵は、さながらタイムスリップの気分。この取り組みの実行委員長であり、仁愛女子短期大学教授・内山秀樹さんは言う。「今の子どもたちには絵を始めとした物事に向かう姿勢やエネルギーを感じ取ってほしいですし、この坂口地区で何が大事かを見直すきっかけになるのでは、と思います」。

時代は変わる。生活スタイルも価値観も変わる。しかし、地域が大切にしているものは変わらない。もしかしたら、あなたの街にも残っているかもしれない。自分の住む地域を再発見するモノを探してみては。

時空を超えて ~58年前の絵との対話~
【展覧会】8/14~9/30(坂口公民館)
【学習発表会】10月予定(坂口小中学校)
【シンポジウム】2022年2月予定(坂口公民館)
【お問い合わせ】0778-28-1046 (坂口公民館)

次ページへ

一覧に戻る



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#エンタメ#人物#月刊ウララ

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する