全長50メートル超 前方後円墳 糠塚古墳  若狭町脇袋古墳群

2021/09/17

前方後円墳の糠塚古墳。中央左の森が後円部で、写真上方が前方部とされる=花園大考古学研究室提供 

花園大研究室推定 5世紀末 首長墓
周濠に高低差 水の調整か
国指定史跡の古墳を三基抱える若狭町の脇袋古墳群を調査している花園大考古学研究室は、詳細が不明だった糠塚(ぬかづか)古墳が全長五十メートル超の前方後円墳と推定されると発表した。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する