基準地価 県内の下落幅改善 再開発で商業地上昇傾向

2021/09/22

国土交通省は二十一日、七月一日時点の都道府県地価(基準地価)を発表した。県内の全用途平均変動率はマイナス1・3%で、二十六年連続の下落となった。新型コロナウイルスの影響が顕著だった前年(マイナス1・6%)より、下落幅は0・3ポイント改善した。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する