60年以上経て 本神輿を担ぐ 大野・篠座神社若者らフェスで

2021/09/24

60年以上担がれていなかったという本神輿を担ぐ篠座青年会のメンバーら=大野市の篠座神社で(山田陽撮影)

大野市篠座(しのくら)の篠座神社で二十三日、まちづくりの祭り「篠座OHIGAN(おひがん)フェスティバル」が開かれた。六十年以上担がれていなかったという神社の本神輿(みこし)を地区の若者らが担ぎ、伝統をつないだ。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する