「ECHIZEN BRAND」特別展後期開催中。越前焼の真価を体感しよう

2021/09/27

令和3年度に『福井県陶芸館』が開館50周年を迎えたことを記念して開催されている特別展『ECHIZEN BRAND』。越前のやきものの魅力や価値を最大限に発信しようと、前・後期の2期に分かれ、それぞれ異なる内容の展示を実施しています。

8月29日(日)まで開催されていた前期展では、越前焼が産地として芽吹き始めた古代から、最も花開いた中世までを扱い、その時期に越前で焼かれたやきものが展示されていました。



そんな前期展に引き続き、9月14日(火)から始まった後期展では「新しいやきものへの挑戦」と題し、明治、大正、昭和期に越前で作られたやきものをご紹介しています。

明治期は、明治政府による新たな産業計画の推進や西欧の窯業技術の導入などに伴って、日本のやきものの在り方は大きく変化したそう。

これまでは見られなかった新しい窯の出現や、ひとつひとつのデザインの模索、品質そのものの改良などが行なわれました。

産地・福井も中世・近世のいわゆる茶色の素朴なやきものとは異なる色彩豊かな色絵陶器や、白い磁器などの新しいやきものが生産されたようです。

大型香炉 日渉園 明治時代
孔雀模様花瓶 葵園 明治43年(1910年)頃

例えば、明治期において、代表的な福井の窯元『日渉園』の「大型香炉」や、『葵園』の「孔雀模様花瓶」は、細部まで描かれた繊細な図や鮮やかな色彩が美しく、明治以前の素朴なやきものとは対照的な、この時期を代表するやきもののひとつです。



また、昭和期に入ると、北陸本線との関わりや福井県の「窯業試験場」の設立によって様々な取り組みが行なわれました。

そば皿 氷坂焼 昭和25~37年(1950~1962年)

昭和当時、『今庄駅』では車両の付け替えのために全ての列車が停車していました。その際、約8分の所要時間があり、この待ち時間に目を付けたのが、駅弁屋や現在の福井駅と武生駅の駅そばでお馴染みの「豊岡商店」でした。

「豊岡商店」では昭和5年(1930)頃より『名物今庄そば』(立ち食いそば)の提供を始め、そこで使用されていたものがこちらの『氷坂焼』の「そば皿」です。

「氷坂焼は越前市に窯があり、昭和50年頃まで操業していました。 当時は乗客の多くが、ホームでそばを食した後、そば皿と共に列車に乗り込んでいたため、そば皿は出ていく一方でした。そこで氷坂焼は大量にそば皿を作る必要があり、当時の最新技術である「機械ろくろ」を導入しそば皿を量産していたんです」と陶芸館学芸員の倉澤さん。

生産時期も昭和中ごろなので、実際にこの器でお蕎麦を食べたことのある方もいるのではないでしょうか。

飛躍 田村民藤(1932~2021) 昭和61年(1986)
越前町立糸生小学校

このほか、昭和40年代には、「陶壁」と呼ばれる建築物の内装に使われる“やきものの壁”も登場。町役場や学校などでよく見られましたが、越前焼の陶壁が日本で最初に設置されたのが『福井県陶芸館』だそう。



大きな絵を描き、それをパーツごとに切り分けて焼き上げていく「陶壁」。現代のタイルのようですが、やきもの特有の風合いや素材感が素敵です。

倉澤さんも「建物と一体型の陶壁。昭和40年代、50年代の陶壁が設置された建物の多くは老朽化などで現在は存在していませんが、中には建物と運命を共にせず、パーツごとに取り外されて大切に保管されているものや、別の建物に移設されたものもあります。今回の展示では、保管されている実物や、現在も残る陶壁を写真でご紹介しています」と話す。

様々な形で登場する明治以降の福井のやきものたち。今回の特別展を通じて「越前焼=茶色のやきもの」のイメージを一新するような、少し新しいやきものに出会えますよ。

また、展示期間中はさまざまなイベントも実施予定。10月24日(日)には、『福井県立若狭歴史博物館』学芸員の川波 久志氏を講師として招く、特別対談「福井のやきものと生活」を開催(事前予約制・先着順)。
さらに、11月6日(土)には『宮崎コミュニティセンター』で使用されている陶壁を見学するツアーも開催されます(事前予約制・先着順)。

福井県陶芸館 開館50周年記念特別展後期
ECHIZEN BRAND ―新しいやきものへの挑戦―

【会場】福井県陶芸館 1階・2階「資料館展示室」
(丹生郡越前町小曽原120-61)
【日程】9/14(火)~11/28(日)
【時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】月曜(※9/20は開館、9/21、9/24、11/4、11/24は休館)
【料金】一般800円、高校生以下・70歳以上300円
【お問い合わせ】0778-32-3262
【HP】あり





日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#おでかけ#イベント#丹南

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する