金井 110障最後の全国でV 陸上全日本実業団対抗

2021/09/27

男子110メートル障害決勝で力走する優勝を飾った金井=大阪市のヤンマースタジアム長居で

800の林3位、円盤投げ藤森4位
陸上の全日本実業団対抗選手権大会は最終日の二十六日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、県勢は男子110メートル障害の金井大旺(ミズノ、福井陸協登録)が13秒48の大会新記録で優勝した。歯科医師になるため、今季で現役を退く金井は今大会が最後の全国大会。有終の美を飾った。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する