県の感染警戒全面解除へ 新型コロナ 200日ぶり、15日から

2021/10/12

杉本達治知事は十一日、県庁で臨時会見し、新型コロナウイルス感染症対策で発令している県独自の警報を予定通り十四日までとし、十五日から解除すると発表した。千六百人以上の感染者が出た七月下旬からの感染「第五波」が、若年層のワクチン接種の広がりなどで落ち着いたと判断。注意報への切り替えもせず、感染警戒情報が三月二十九日以来、二百日ぶりに全面解除される。 (浅井貴司)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する