かい棒で初仕込みに精 勝山・一本義 「越の雫」新酒に期待

2021/10/12

長いかい棒を使って、初仕込みに精を出す蔵人=勝山市の一本義久保本店で(蓮覚寺宏絵撮影)

勝山市沢町一丁目の一本義久保本店で十一日、日本酒の初仕込み作業が行われた。今シーズンの酒造りが、本格的に幕を開けた。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する