【福井ラーメン探検隊】

『越前ラーメン塩てつ 本店』の「おとこ塩てつ」。福井のラーメン調査・第29杯

2021/11/05

おとこ塩てつ 890円

今回我々が訪れたのは越前市の市街地、県道28号線沿い線沿いの『越前ラーメン塩てつ 本店』。コチラと言えば一杯350円という採算度外視な「塩てつラーメン」が代名詞でもあるが、今回のいただいたのはそれではなく「おとこ塩てつラーメン」だ。



「塩てつラーメン」の3倍濃いというラーメンであり、まさにその名のとおり武骨さも感じさせる“おとこ”のラーメン。

白濁とした豚骨白湯スープで濃度が3倍というという、かなりのこってり感を想像させるが、まずスープから飲んでみると……。

「クセになる濃厚感! 濃度も旨さも3倍だ!」

実に口当たりのが良く、そのまろやかさに驚き! 豚骨をじっくりコトコト煮込んで作られた豚骨白湯スープは、濃厚ながらもクセがなく後味もスッキリ。濃度3倍というが、この心地よいこってり感に、良い意味で裏切られてしまった。





「お昼どきにしか出会えない、コシが自慢の手打ち麺」

そしてこのこってり感に相性抜群なのが「朝打ち手打ち麺」。真空多加水の細麺でコシが強く、ほのかに小麦の甘みや香りも楽しませてくれるのだ(※コチラの麺の提供は昼定のみ)。

そしてラーメンともうひとつ紹介したいのが、この「から揚げ」500円。ヒネ鶏のモモ肉をカラッと仕上げたこのから揚げを注文数する客はかなり多く、その数は全国でもトップクラス。それほどまでに人気のメニューなのだ。

やや硬めに仕上がっており、噛むほどに脂の旨みがジュワッと口に広がるのだ。今なら2割引の400円で提供中とお得なので、ラーメンとともに味わうべし!(割引期間の終了は未定)



今回調査したのは『越前ラーメン塩てつ 本店』の「おとこ塩てつラーメン」。 「塩てつラーメン」の3倍のこってり感というラーメンだが、まろやかな口当たりでスッキリとした後味の豚骨白湯は、クセになるような心地よい濃厚さに仕上がっていた。

なお、ラーメンが350円~という圧倒的なコスパで味わえるがこれは素材、製法、そしてボリュームにもこだわったうえで提供できる、ギリギリの価格だとのこと。 「旨いラーメンをぜひ気軽に楽しんでほしい」という、店主の努力と思いが詰まった渾身の一杯なのだ。
なお、背脂をきかせた「ひめ塩てつラーメン」890円も好評提供中だ。女性にはコチラのラーメンがおススメ!

探検隊レポート

スープの濃さ:超こってり   
麺の種類  :中細ストレート麺
ボリューム :普通



越前ラーメン 塩てつ 本店
【住所】福井県越前市新保町2-7-3
【電話】0778-22-8889
【時間】11:00~14:10、17:30~22:00(日曜は11:00~14:30、17:30~20:00)
【休日】無休
【座席】30席
【駐車】18台
【HP】なし



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!




#グルメ#丹南#連載

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する