【7/6・7】音楽が福井駅前をジャックする、興奮の2日間!

2019/07/04

※このイベントは終了しました

月刊URALA5・6月号で、フェスの音楽顧問を務めるSOIL&”PIMP”SESSIONSのアジテーター、社長(越前市出身)にインタビューを行なってから早4カ月。遂に今週末、福井初となる都市型音楽フェス『ONE PARK FESTIVAL 2019』が開催されます。みなさん、チケットの準備は大丈夫ですか!
    

7/6(土)の出演アーティスト

福井のクラブミュージックシーンを盛り上げる、オーガナイザー2人の 「ここ(福井市中央公園)でジャミロクワイのライブやったらサイコーやろうね~」という、たわいもない会話がきっかけでスタートしたフェス計画。2019年2月にフェスの開催を告知すると、瞬く間にその噂は全国に広がり、今夏開催されるフェスの中でも注目を浴びる存在に!
     

7月6日(土)には オールナイトイベント『ONE PARK FESTIVAL’ALL NIGHT SPACE’』を「CASA」で開催!

駅から徒歩5分の好立地で開催されるワンパークフェス。シーン注目のアーティストや大物が登場することで話題ですが、フェスに欠かせないローカルカラーたっぷりのフードやマーケットなどにも注目です!「HONMARU MAIN BAR」と命名したドリンクブースでは福井自慢の地酒などが堪能でき、大人リッチにフェスを愉しみたい人にはプレミアムシートレストラン(要予約)もおススメです。また、「SANNOMARU FOOD COURT」と名付けた飲食ブースには、カレーやタイ料理、蕎麦などフェスならではのグルメから福井のソウルフードまで幅広いジャンルのグルメを用意。他にも見どころたっぷりの会場内には、キッズと一緒に参加するファミリーのために、キッズスペースや託児所も完備!グッドミュージックを聴きながら、思い思いの時間が過ごせるなんて最高ですよね。
       

7/7(日)の出演アーティスト

タイムテーブルやエリアマップはすでにホームページで発表済みなので、気になる人は早速チェックしてみて!もちろん当日券の販売もあるので、チケットをまだ入手していない人は直接会場まで足を運ぶのもいいかも! “街全体が一つのテーマパークになる音楽フェスティバル”をコンセプトに掲げている『ONE PARK FESTIVAL 2019』。フェス期間中は周辺エリアでもイベントがたくさん予定されているので、楽しい2日間になること間違いなしです!
    

【7/6出演アーティスト】
青葉市子、WONK、ELLI ARAKAWA、Ovall、Gai Sunya、クレイジーケンバンド、CAPTAIN VINYL(DJ NORI+MURO)、Cornelius、水曜日のカンパネラ、SPECIAL OTHERS、D.A.N.、Blu-Swing、maco marets ※50音順
【ONE PARK FESTIVAL’ALL NIGHT SPACE’
出演アーティスト】
AOKI Takamasa、ELLI ARAKAWA、Matt Edwards aka Radio Slave ※50音順
【7/7出演アーティスト】
Attractions、ウルフルズ、クラムボン、SIRUP、Sunaga t experience、cero、SOIL&”PIMP”SESSIONS、sauce81(N’gaho Ta’quia,77 Karat Gold)、chelmico、never young beach、FNCY、hendecagon、水咲加奈、YonYon、Licaxxx ※50音順
  

その他 6日・7日は『ONE PARK FESTIVAL 2019』 以外のイベントが盛りだくさん!こちらを要チェック!

ONE PARK FESTIVAL 2019
【会場】福井市中央公園 特設会場(福井県福井市大手3-11)
【日程】2019/07/06(土)・07/07(日)
【時間】両日ともに10:00~21:30
【料金】1日券7800円(当日券は8800円)、2日通し券13800円 ※小学生以下は無料(保護者同伴、大人1人につき1名入場可)
【お問い合わせ】ONE PARK FESTIVAL 2019 事務局 総合受付
【e-mail】info@oneparkfestival.jp
【HP】あり

#イベント#エンタメ

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する