近づく新学期 ピカピカ名札 丸岡で生産繁忙期

2022/03/04

繁忙期を迎え、規則正しく音をたて名札を織り上げていく織機=3日、坂井市のタケダネーム協業組合で(蓮覚寺宏絵撮影)

新学期を控え、細幅織物を手掛ける坂井市丸岡町一本田中のタケダネーム協業組合の工場では、児童用の名札の生産が繁忙期を迎えている。三日も織機が「ガチャーン、ガチャーン」と規則正しく音をたてるたびに、少しずつ名札が形になっていった。

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する