粟谷さん(美浜)9年連続入選 フランスの国際公募展

2022/04/07

入選作「而今」とともに戸嶋町長(左)に入選を報告した粟谷さん=美浜町役場で

禅の心 だるまで表現
美浜町佐柿の徳賞寺住職で画家としても活動する粟谷正光(あわやしょうこう)さん(73)の作品「而今(にこん)」が、仏・パリで開かれた世界最古の国際公募展「ル・サロン」で九年連続入選を果たした。禅の心を表現するだるま大師三体を通して、過去、現在、未来を描いた水墨画が高く評価された。粟谷さんは「描くことは自分の体の一部。最期まで筆を持ち続けたい」と思いを語った。 (林侑太郎)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する