伝統的加工時短で 県工技が開発 デジタル技術で螺鈿や蒔絵

2022/04/21

UVプリンター(奥)を使った金蒔絵加工。デザインデータ通りにUV樹脂を噴霧し、その上に人の手で金粉を施すことで金蒔絵の省力化を可能にできる(手前右が金蒔絵)=20日、越前市のサンドーム福井管理会議棟で

デジタル技術を活用して螺鈿(らでん)や蒔絵(まきえ)などの伝統的加工を可能にする技術を、県工業技術センター(県工技)が開発した。漆器の皿など伝統工芸品に立体的な図柄を短時間で効率よく加工できる。県工技では「商品開発の時間短縮や、新たな製品展開が可能になる」と期待している。 (中田誠司)

(日刊県民福井)
続きはこちらから



日々URALAからのお知らせをLINEで受け取れます!

#地域ニュース

  • ツイートするツイートする
  • シェアするシェアする
  • 送信する送信する